FAXDM業者を口コミや評判で比較してランキングでご紹介

FAXDMの効果が高い時間帯とは?


FAXを使った広告は基本的には今すぐにでも行えます。
しかし今すぐ行ってもあまり効果がない時もあります。
受け取った相手のことを考えると、あまり忙しい時に送られても中身はほとんど見ません。
忙しい時は避けた方がよさそうです。

 

一般的な法人に送るのに適しているのはいつか

コンビニは365日24時間いつでも営業しています。
その他一部の飲食店でもいつでも営業しているところがあります。
では一般的な法人の中に365日、24時間いつでも営業しているところがあるかです。

インターネットでホームページを開設しているところなどは、一応いつでも注文などはできるようになっています。
でも常に対応しているわけではありません。
営業日等があるのでそれを知っておく必要があるでしょう。

FAXDMを送るとき、効果が高い時に送ることでより効果を得ることができます。
一般的な法人に送るとしたらいつ頃がいいのかです。
多くの会社は月曜から金曜の平日に営業していて、朝の8時ごろから夕方の6時ごろまでになるかもしれません。
お昼に1時間の休憩を挟むパターンです。
営業しているときに送ればいいわけではなく、あまり忙しい時に送るのは良くありません。
仕事上のFAX等が優先されるので、それ以外の広告関係は気になる情報であっても素通りされる可能性があります。
あまりFAXが送られてこない時であれば、中身をゆっくり見てもらえる可能性が出てきます。

そのことから火曜日から木曜日の昼の11時ごろから夕方の3時ぐらいまでが良いとされています。
月曜日と金曜日は1週間の始めと終わりなので1日を通してバタバタしている会社が多くなります。
またその他の曜日も始業開始直後や終業間際となるとFAXのやり取りが多くなる可能性があります。
いかに忙しい時を避けるかがポイントになりそうです。

 

個人経営の店などは営業日などを考慮

ビジネスにおいては、顧客が誰になるのかを知っておく必要があります。
一般的な会社になるのか、特定の業種になるのか、個人事業主や一般消費者を対象にすることもあるでしょう。
もちろん特に相手を決めずに行うときもあるので、それぞれのビジネスに合わせた対応が必要になります。
ビジネスの中では個人事業主向けにいろいろなサービスを行うときがあります。
もちろんそれぞれのお店に直接出向いて売り込みをしてもいいのでしょうが、個人事業は結構忙しいですからなかなか相手にしてもらえないときもあります。

その時はFAXDMを送って興味を確認した上で営業をした方がいいかもしれません。
では効果が高い時としてはいつが良いかです。
まず業種によって差が出てきます。
飲食店の場合食事時はあまりよいとは言えません。
朝食時、昼食時、夕食時などは忙しいため、送っても見てもらえる可能性が少なくなります。
送るのであればそれらの間をうまく縫うようにして送るのが良いと言えそうです。

これ以外に美容院等であれば平日の午前中などに送ると良いかもしれません。
土日に営業していることが多いですが、土日は比較的多くの人が利用します。
また平日の午後も利用者が多いです。
午前中ならじっくり見てもらえるかもしれません。
美容室は月曜日が定休日になることが多いので、月曜日に送っても無駄になりやすいので注意しましょう。

その他自営業でも土日に営業しているか、していないかによっても差が出てきそうです。

 

年間で見たり月間で見たりも必要になる

多くの会社は1年決算等になっていて、決算前などは営業活動が忙しくなります。
経理部なども非常に忙しいので、とても何かを売り込みに行ける状態ではないでしょう。
日本においては3月決算と12月決算の会社が多いので、3月や12月に売り込みに行っても門前払いにあいやすいです。

これはFAXDMを送るときも同じです。
人は動きませんが、通信料はそれなりにかかります。
効果が高い時を狙って送ることができれば無駄が減りますが、見てくれない可能性が高い状況の時に送っても無駄が多くなります。
1日のうちにいつ送るかは非常に大事になりますが、それ以外にもっと広い期間で見る必要もありそうです。
1年を考えると、その業種において繁忙期とされる時期に送っても無駄になる可能性があります。

決算期前後の他、そのビジネスにおけるピークの時期は避けた方が良いでしょう。
運送業等は決算が3月でなくても3月は非常に忙しくなります。
1年で見る以外に1か月で見ることもあります。
月の終わりになるとその月の予算を達成するために忙しくなるときがあります。
いくら送っても見てもらえない可能性があるので、あまり月末近い時期に送るのは良いとは言えません。

また月初めも会議などをしている会社が多く、見てもらえない可能性があります。
10日過ぎから25日ぐらいであれば業務も落ち着いているでしょうから、曜日などを考えて送れば見てもらいやすくなります。
何も考えずに送るよりは、返信率は高まるでしょう。

 

一般的な法人は平日の朝から夕方の営業になります。
火曜から木曜の日中であれば比較的業務も落ち着いているでしょう。
広告内容を見てもらえる可能性があります。
1年や1か月のうちでいつが忙しいかを考える必要もあります。

サイト内検索
記事一覧