FAXDM業者を口コミや評判で比較してランキングでご紹介

FAXDMで効率的な営業をするために気を付けることとは


FAXDMによる営業活動で気を付けることは、数点あります。的外れなDMを送らないよう、注意が必要です。ターゲットも、よく考える必要があります。またFAXを送信する時間帯なども、注意が必要です。忙しい時間帯に送信するのは、非効率的だからです。

 

 

 

業種を意識してピント外れなDMにしない

FAXによるDMを送る時は、ピントが大きく外れないよう注意する必要があります。例えば、業種なども意識するのが望ましいです。FAXを送付する業種といっても、色々あります。医療業界の法人にDMを送る事もあれば、デザイナーに対して送付する事もあります。その業種に合わせたDMにしておかないと、あまり効率的ではありません。

病院に対して、デザイナーに関するサービスを宣伝したところで、効果があまり無いのは明らかです。病院にDMを送付するなら、医療業界向けの内容にする必要があります。もちろんデザイナーの方々に、医療機器を宣伝するDMを送付するのも、明らかにピント外れです。DMは、送れば良い訳ではありません。DMを送ったとしても、必ず効果が出るとは限りません。効果が出るかどうかは、DMの内容次第です。ピント外れな内容にならないよう、文書は十分考えておく必要があります。

それと、業種はある程度絞り込む方が望ましいです。複数の業種に対してDMを送付するのは、あまり効率は良くありません。上述の病院とデザイナーと、不動産や派遣業界などの複数業界にするよりは、1つの業界に絞り込む方が効率的です。自社では医療機器を取り扱っているなら、多くの業界にDMを送るよりは、病院だけに限定する方が効率的です。業種を意識したDMにする方が、販促効率も高まる傾向があります。

顧客にDMを送るタイミングは要注意

それと時期なども、ある程度考慮する必要があります。例えば月末などは、あまり効率が良くありません。確かにFAXは、いつでも送付する事はできます。自社の都合で、月末にDMを送る事もできます。しかし月末にDMを送るのは、できるだけ避ける方が望ましいです。1ヶ月の数字などを意識して、追い込みの仕事を行っている企業も多いので、総じて月末は多忙になる傾向があります。

そして忙しいタイミングにDMを送っても、効果は限定されてしまう事も多いです。忙しい時にDMが届いても、見る時間がありません。むしろ月初めなどのタイミングにする方が、販促効率も良くなる傾向があります。

またタイミングと言えば、時間帯も軽視できません。DMは、飲食店などに送付される事もあります。そのお店に対して、昼の12時頃などにDMを送付するのは、明らかに非効率的です。というのも多くの飲食店は、12時頃は大変忙しいです。多くの来店客が来ていて、とてもDMを確認する時間はありません。DMを見てもらえない以上は、あまり効率が良くない訳です。むしろ、クレームが来てしまう確率が高いです。多くの飲食店は、15時頃には作業が落ち着いてくる傾向があります。そして15時にFAXを確認してみたところ、営業目的のDMが12時頃に届いていれば、気持ちを害してしまう可能性があります。

つまりFAXによるDMを送るにしても、タイミングを考慮する必要があります。タイミングを全く考えずにDMを送るのは、避けるべきです。あまり顧客が忙しくないタイミングを考えて、DMを送ると良いでしょう。

業者のクリーニング頻度を確認する

ところでFAXは、必ずしも相手に届くとは限りません。番号などが使われていない可能性もあるからです。専門業者にDM送付を代行してもらう時は、この点は要注意です。そもそもFAX番号は、ずっと生きているとは限りません。電話回線は、たまに使われなくなる事もあります。何らかの事情でFAX番号が変更されたり、番号自体がなくなる事もあります。その番号にFAXを送付したところで、DMは届きません。いわゆる「不達」の状態になってしまいます。送信できない番号に対してDM送付を試みるのは、明らかに非効率的です。生きているFAX番号に送付するのが望ましい訳です。

ところでDM送付の代行業者は、番号リストを抱えています。ただ問題は、そのリストの番号が生きているか否かです。生きていない番号が多いリストですと、非効率的になってしまいます。このため代行業者のクリーニング頻度などは、確認しておくのが望ましいです。代行業者によっては、頻度多くリストのクリーニングを行っています。そのリストに掲載されている番号は、DMが届く確率が比較的高いです。ですからFAXによる営業活動の効率を求めるなら、頻度多くクリーニングを行っている業者を選ぶと良いでしょう。

 

FAXDMで営業活動する時に気をつけるべき点は、主に3つあります。業種を意識して、ピント外れなDMにならないよう、注意する必要があります。また時間帯やタイミングなども、注意が必要です。そして業者のクリーニング頻度も、確認しておく方が無難です。

サイト内検索
記事一覧