FAXDM業者を口コミや評判で比較してランキングでご紹介

FAXDMを有効活用して営業の効率を上げよう!


FAXDMは、営業効率に関するメリットがあります。効率よく営業活動したいなら、DMを有効活用してみると良いでしょう。

なぜならそのFAXによるDMには、スピードや件数に関するメリットがあるからです。

また決定権がある担当者に届きやすい傾向があります。

スピーディーに資料データを送信できるメリット

一般企業の営業活動の手段は、色々あります。例えばポスティングという手段です。ポストの中を確認してみると、たまにDMなどが投函されている事もあります。ポスティングの担当者が、そのDMを投函している訳です。その他にも、外回りの飛び込み訪問もあります。現在でも、外回りで営業活動を頑張っている方々も、少なくありません。ですが、先述の営業手段は、早さに関するデメリットがあります。時間がかかってしまう事が多いです。そもそもポスティングの担当者は、遠くの場所まで移動する必要があります。自社オフィスから担当エリアに訪問するまで、1時間ほどかかる事も多いです。それで1日頑張ってポスト投函を続けても、せいぜい数千件程度にとどまってしまう事も多いです。時間をかけた割には、あまり件数をこなせません

それと外回りの営業も、時間がかかります。自社オフィスから遠く離れた場所ですと、1時間半以上かかってしまう事も多いです。それに対してFAXによるDMの場合は、非常にスピーディーに資料データを送付できます。FAXという手段なら、非常に速やかにデータが届くのは明らかです。データ到着までは、せいぜい数分前後になります。FAXの方が営業効率が優れているのは、明らかです。ですから営業活動の効率が気になる時は、そのFAXのDMも検討してみると良いでしょう。

多くの件数をこなせるメリットがある

ところで営業活動は、数も大切です。現に多くの営業マンの方々は、数をこなすよう社員教育されている傾向があります。新人の営業マンですと、まずは場数をこなすのが大切だと教育されている事も多いです。営業会社によっては、100件以上は外回りすべきだと教育している事もあります。しかし外回りという営業スタイルですと、必ずしも数をこなせるとは限りません。その理由の一つは、上述の移動時間です。自社オフィスから訪問先までが遠ければ、移動時間も多くなりますから、訪問可能な件数も限られてしまいます。また外回りというスタイルですと、1件1件訪問する必要があります。訪問が1件完了したら、また次のオフィスに訪問する事になり、時間がかかる訳です。そもそも1日で100件という数は、決して多くありません。1日100件などでなく、1000件や1万件以上は営業活動してほしくなる事もあります。

他にも、テレアポという方法もあります。テレアポの場合は、外回りよりも件数は多くなる傾向があります。しかし、それでも1日に500件程度が限界になる事も多いです。ところが先述したFAXによるDMという手段ですと、一気に複数の所に資料データを送付できます。一括送信の機能があるからです。一度に1000件以上に対して資料データを送付できますから、上述の外回り営業などと比べると、明らかに多くの数をこなせます。FAXによるDMの方が、営業効率が優れている訳です。

担当者に資料データを読んでもらえる確率が高い

ところで外回りやテレアポなどで営業活動する際には、決定権がある担当者と話す必要があります。例えばインターネット回線の営業ですと、WEB回線を管理している担当者とコンタクトを取る必要があります。もしくは会社の担当者との接触が求められる訳です。しかし外回りなどの営業活動ですと、なかなか担当者と接触できない傾向があります。企業に訪問すれば、まず受け付けの担当者とコンタクトを取る訳です。しかし受け付け担当者としては、営業目的の訪問は、全て断るよう指示されている事も多いです。ですから決定権がある人物とは、なかなか接触できません。テレアポなどの営業方法も、それは同様です。またポスティングや電子メールも、決定権者に見てもらえる確率は低いです。ポスティングで販促活動を行っている企業は大変多いです。訪問先によっては、大量のDMが毎日ポスト投函されている事もあります。それが捨てられてしまえば、決定権がある人物に見てもらう事はできません。また電子メールで販促活動をするのも、同じような状況になってしまう事が多いです。会社に届いた電子メールを確認した担当者が、DMを直ちに削除してしまえば、決定権がある人物には届きません。

しかしFAXの場合は、事情は大きく異なります。FAXの場合は、上述の紙のチラシや電子メールなどと異なり、決定権者に届きやすいです。というのも各企業では、たいてい決定権者はFAXには目を通すよう心がけているからです。電子メールや紙のチラシと違って、読まれる確率が高いです。もちろん決定権者が読んでくれれば、営業効率も高まります。

ですからFAXDMは、外回りよりもスピーディーに営業活動できますし、件数も多くこなせるメリットがあります。しかも企業の決定権者に読んでもらえる確率が高いので、効率の良い営業活動が期待できる訳です。効率の良さを求めるなら、そのFAXのDMを有効活用してみると良いでしょう。

サイト内検索
記事一覧